基本理念

想い

ある先輩から電話がかかってきました。                          

最近、その方が通っていた空手道場がスポーツジムの様になってしまったそうです。私はスポーツジムの存在を否定したいのではなく、逆に肯定します。ジムは特に意識しなければ、他人と必要以上に接することはなく、自分の好きなメニューをこなし、汗を流し、帰宅する。とても爽快でいいと思います。                                      

しかし、私がこれまでに学ばせて頂いた空手の道場は、常に、先生、先輩、後輩の存在があり、先輩の何気ない一言でも勉強させて頂いているのだとの思いで、日々稽古しておりました。後輩の方から先輩には声をかけづらいだろうと先輩も逆に気を使ってくださいました。こちらも御礼に、先輩を立てなければと思い、礼を尽くします。この繰り返しで、最初は形式的な部分が多かったやりとりが、次第に、実質的な関係へと発展しました。初めは、単に形式的な作法でもいいのかもしれませんが、時の流れと共に、逆に迷惑な行為に感じられます。それは当然なことかもしれません、心の表れが作法なのですから。                              

この様に技のみならず、人間関係等、多くの事を学ばせて頂きました。正に人間道場(向上する場所)です。そして、このような関係や考え方は時や地域を超え、私の財産となっております。  

「武道は心技体を向上させる」と言います。ここでの心とは、何も不撓不屈の精神のみを言うのではなく、相手の事を想い、本気で怒ったり、本気で泣いたり、本気で笑ったりと、心の通った行動も向上させなければならないのではないでしょうか。これを実現するには、相手を尊敬し、また、尊敬される人間になろうとする日々の努力が必要なのだと思います。そして、毎日が勉強であり、これを忘れた時に人は去っていくのだと思います。                     

最後にその先輩は、こうつぶやいて電話を切りました。                   「俺は坂本の考える道場が好きだな・・・」と。                                       

正しいかどうかはわかりませんが、これが私の想いの一部です。